パスワード変更ってそんなに大切?

モバイルルーターを利用する上で大切になってくるのがセキュリティです。

特に無料のWi-Fiスポットを利用し、その結果不正アクセスや、通信内容を盗み見られるなどのトラブルが増加しています。

そんな状況を見ると、Pocket Wi-Fiのセキュリティも「大丈夫かなぁ」と不安になってしまいますよね。

もちろん、パスワードを設定することも大切ですが、それ以外にもセキュリティを高める方法はいくつかあります。

まずは、Wi-Fiのセキュリティにはどんなものがあるか見ていきましょう。

Pocket Wi-Fi、主に2つのセキュリティがある。

モバイルルーターには主に2つのセキュリティがあります。

まずは、自分が使うネット端末以外では、ネット接続できなくする方法。

これをSSIDの設定と言います。

SSIDを設定することで、特定の端末でしか、自分の使っているモバイルルーターのネット接続にアクセスできないようにすることが出来るのです。

もう1つは、送受信の際に使われる通信データを暗号化させることです。

こうすることで、やり取りに使われる情報の内容を保護することができます。

暗号化に使われる規格のことを、「WEP」「WPA」「WPA2」といいます。

暗号化の規格は、「WEP」<「WPA」<「WPA2」の順で強固になっていきます。

推奨されるのは、「WPA」以上の暗号化規格であり、一般的に最新のPocket Wi-Fiであれば、この暗号化規格が使われています。

もっとセキュリティを強固にしたい場合

セキュリティ強固作戦。

大切になるのは、パスワードの変更です。

特にWi-Fi接続の際に必要になる、ユーザー名(認証ID)やパスワードは、メーカーや機種ごとに初期値が一律なんです。

例えば、IDは「admin」や「root」など、パスワードは暗号化規格のパスワードと同じというものが多いのです。

よって、初期値のユーザー名と、パスワードは変更した方が良いでしょう。

Pocket Wi-Fiを適切に、そして安全に使うために、万全のセキュリティ対策をすることをお勧めします。



TOP PAGE